• ホーム
  • ED予防に良い精力増進が見込める食べ物の紹介

ED予防に良い精力増進が見込める食べ物の紹介

SEX生活の妨げになるEDを予防するには、精力増進効果が期待できる食べ物を摂取することが大切です。
食料品店でも入手できて強精作用がある食べ物は、牡蠣です。
セックスミネラルとも呼ばれる牡蠣には、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、亜鉛を非常に多く含んでいます。
ニンニクや山芋、すっぽん、レバーなどは精がつく強精食材と言われていますが、そもそも精というのは生命の根本にある力で、心や体に備わっているもので、気力、元気、精力などがそれにあたります。
精力は精神と肉体の活動力で、精神と肉体の活動する力が強い状態が精がついた状態です。
精がついた結果、すぐに精機能がアップするわけではありませんが、体が元気になることで体の活動力や精神的な強さがアップしてED予防には効果を発揮する可能性があります。
その精のつく食べ物の中で最も効果が高いのが牡蠣です。
サプリメントや強精剤に頼るよりも、そのまま食べたほうが効果的です。
海のミルクと言われる牡蠣は滋養豊富で、亜鉛やミネラルを多く含むのでSEXにも良い食品の代表格です。
さらに食事では、血液をサラサラにする作用がある食べ物を選んで食べるようにします。
代表的なのは、お茶、魚、海藻、納豆、酢、きのこ類、野菜類、ネギ類です。
これらの食品は血液をサラサラにする食べ物として血管の病気予防のために食べると良いものとして紹介されています。
頭文字をとって、「お(お茶)・さ(魚)・か(海藻)・な(納豆)・す(酢)・き(きのこ類)・や(野菜類)・ね(ネギ類)」と覚えておくと便利です。
特にネギ類は西洋医学でも体を温める食べ物としておすすめされることが多いです。
大量に食べるのではなく、腹八分目を心がけるようにすると、消化吸収効率が良くなってしっかり栄養になってくれます。
EDを予防するためには日頃から血液をサラサラにし、セックスミネラルである亜鉛を多く含む食べ物を意識して食べるといいです。

ED予防に良い食事レシピの紹介

ED予防に良い食べ物を知っていても、毎日同じものだと飽きてしまいます。
飽きずに継続して体に良いものを摂取するためには、レシピを豊富に覚えておくといいです。
例えば牡蠣を使った料理であれば、旬の時期なら生で醤油やレモン汁をかけてそのまま食べるのも美味しいものです。
生のままは食中毒が怖いというのであれば、牡蠣フライや牡蠣ときのこのクリームシチューなどもあります。
お茶はそのまま飲んで喉を潤すのはもちろん、茶葉を丸ごといただける抹茶を使ってもいいです。
抹茶塩を天ぷらにつけたり、ご飯にかけるという食べ方もあります。
お酒を飲む人であれば、お茶で割って焼酎を飲めば定期的にお茶の栄養がとりやすくなります。
魚介類は精力増強にいいのが鰻です。
良質なタンパク質が含まれていて、夏バテ防止やスタミナアップにも最適です。
鰻の蒲焼を使って、それをそうめんの上に野菜類とのせて食べると彩りも鮮やかで食欲が湧きます。
蒲焼の甘さを引き締めたいのであれば、夏野菜の代表であるゴーヤをチャンプルー風にして一緒に入れて食べるのもおすすめです。
青魚にはDHAやEPAといった血液をサラサラにする魚油が豊富です。
調理するのが面倒な時には、お店からしめ鯖を買ってきて酒のつまみにします。
これだけでも酢と鯖の栄養が摂取できます。
かぶら漬けなどになっているものでれば、野菜の栄養も摂取できます。
ネギ類は、納豆と合わせてチャーハンのすると美味しいです。
ニラとネギをみじん切りにして、納豆と卵と一緒に炒めて作ります。
ご飯の糖質が気になるのであれば、ご飯の代わりに豆腐を使ってもいいです。
ED予防のために、毎日無理なく食べられるようにレシピを覚えておくと役立ちます。