• ホーム
  • 簡単に出来るEDのセルフチェック方法とは?

簡単に出来るEDのセルフチェック方法とは?

EDの診察は基本的に専門医にしてもらうものです。
しかし、セルフチェックの方法は簡単ですので、やり方さえ知っておけば自宅で確認する事が出来ます。
勃起力に少し不安がある方は一度、EDのセルフチェックをしておきましょう。
やり方はとても簡単で、自分自身の手でペニスに性的刺激を加えましょう。
有り体に言えば、マスターベーションがそのままEDのセルフチェック方法となります。
アダルトビデオや成人雑誌など、視覚的な性的刺激を加える方法も効果的であり、刺激を感じ次第、ペニスが自然体で勃起すればEDの疑いはありません。
若い男性はマスターベーションを始めると、即座に硬さと太さが安定した勃起姿勢となります。
一方でEDのリスクがある男性は性的刺激をペニスに与えても、なかなかペニスの勃起が始まりません。
本来であれば、性的刺激を受け次第、ほぼ瞬時にペニスはムクムクと立ち上がるものですが、数分間にわたり、手や映像で刺激を与えているにも関わらず、無反応であればEDの疑いが濃くなります。
また勃起自体は可能だったとしても、ペニスの硬さをきちんと維持する事が出来ない男性もEDのリスクが濃厚です。
単にペニスが勃起すれば性行為が滞りなく出来るわけではありません。
硬さが最初から最後まで維持する事が出来なければ、頻繁にセックスのやり直しが求められます。
セルフチェックをした際に、硬さが無く、こんにゃくやゼリー程度の硬さしか現れなかったのであれば、EDの疑いを持ちましょう。
性行為に必要な勃起力が既に低下している恐れがあります。
男性が勃起したいと感じた時に正しくペニスが立ち上がり、また性行為をしたいと願っている時に、ペニスの硬さが維持出来ている、この2点が満たされていれば、セルフチェックの結果としてはEDのリスクは無いと判断して良いでしょう。
セルフチェックのポイントは性的刺激をきちんと与える事であり、いくら健康的な男性でも、流石に妄想や思いだけでは勃起出来ません。

セルフチェックでEDの疑いがあればどうすれば良い?

セルフチェックをした結果、EDの疑いが出てきた場合はどういった対応を取るべきか、まずは家庭で施せる改善策を講じてみましょう。
EDは過労によって引き起こされることが多いです。
裏を返せば過労の状態を個人的に改善する事が出来れば、EDのリスクを軽減、または解消できます。
平凡な改善策ですが、早寝早起きと健康的な食事、そしてストレス解消といった地道な対策が効果的です。
地味な対策ではありますが、働き盛りの男性は自然と無理をして、仕事に打ち込んでいます。
毎晩遅くまで机で作業をしてしまったり、多忙のあまり、ファストフードばかりを食べ続けていたり、仕事に追われて趣味やプライベートな時間をほとんど持てていない等、EDになりやすいライフスタイルになりがちです。
それらの改善策でEDのリスクは大抵、軽減や解消する事が出来ますが、既に重症化している場合は、プロの診察を受けなければいけません。
またED治療薬といった医学的なアプローチが求められます。
男性機能を確実に取り戻すためにはED治療薬の支援が不可欠であり、大勢の成人男子が今では愛用しています。
セルフチェックでEDの疑いが濃厚だと自覚したら、メンズクリニックに相談しましょう。
男性専用の医院であれば、EDについてオープンな形で相談する事が出来ます。
男性機能の減衰し、ペニスの硬さが維持できない、任意のタイミングで勃起が始まらない、こういった状態に悩んでいると、健全な夫婦生活が過ごせません。
ED治療薬の支援があれば、それらのコンプレックスはたちまち解消します。
医薬品の力を借りて夫婦生活や妊娠活動に励む男性は、近頃増えて来ました。
困った場合は素直に専門医の知恵を借りて、早急に対応を講じましょう。