• ホーム
  • 特殊な自慰の方法はEDの原因になりかねない

特殊な自慰の方法はEDの原因になりかねない

自慰行為というのは男性であれば多くの場合思春期の間に自然に始める行為です。
その時に正しい自慰の方法を知ることなく、誤った方法でし続けてしまうと、その時は良くてもその後に問題が発生しかねません。
誤った自慰の方法により生じる可能性がある問題の一つがEDです。
EDは女性と性行為を行う時にペニスを立たせることが出来なくなったり、挿入までは出来てもすぐペニスが小さくなってしまったり、射精まで出来なかったりする病気の一つです。
これは心理的な問題から発生することも多いですが、誤った自慰行為によっても発生してしまいます。
そして一度発症すると治療にかなりの時間とお金を必要とします。
自慰は自然に行う行為ではありますが、正しい知識を身につけないまましてしまうと大変なことになります。
多くの場合、自慰行為の時にはアダルトビデオを観ながらすることになるでしょう。
しかし、アダルトビデオを観て自慰行為を行うのが癖になってしまうと、実際に女性と性行為を行う時に興奮できなくなる恐れがあります。
これもまたEDの一つです。
アダルトビデオの内容は興奮するよう過激で刺激的に作られていますので、実際の女性との性行為の時に、アダルトビデオと実際の性行為のギャップから興奮できなくなってしまうのです。
以上の二つはどちらも自慰行為をするがゆえにEDになってしまう例です。
一つ目は物理的に誤ったことをしてしまうことでEDへとつながってしまい、二つ目はアダルトビデオに頼りすぎるがゆえに精神的な面からEDになってしまうというものです。
どちらも同じように正しい自慰の方法を身につけることで避けることが出来る問題です。
ゆえに、誤った自慰の方法をやめて正しい方法を身につける方が良いです。
もし、今まで間違った方法をしていたのであれば、今からでもすぐに正しい方法に改める方が良いでしょう。
しばらくは違和感があるかもしれませんが、EDになる可能性を考えれば正しい方法を身につける方が良いです。

特殊な自慰をやめて通常の方法に戻すべき理由

では、間違った知識や方法による特殊な自慰とはどのような物を指すのでしょうか。
一番多いと思われるのは床を使った自慰行為です。
これは自分のうつ伏せになって自分の身体と床の間にペニスを挟みこすりつけることによって快楽を得る方法です。
これは刺激が強すぎるため今後手コキなどで射精を出来なくなる可能性が高いです。
他にもやりがちな方法として足ピンというものがあります。
これは自慰をして、射精をするときに足をピンと伸ばすことから名づけられました。
足ピンをしてしまうとその状態でしか射精できなくなる可能性があります。
実際の性行為ではほとんどの場合そのような体勢にはなれませんので、女性との性行為の時に射精できなくなってしまう可能性が高いです。
そして意外なことにオナホールを利用した自慰というのも避けるべきものの一つです。
オナホールというのは多くの場合女性の膣を再現して作られていますが、これもまた刺激が強すぎるがゆえに避ける方が無難です。
実際の膣よりも締め付けが強いですし、オナホールを手で持ち、手コキと同じ動きで使うことになります。
これでは手で力を入れてペニスを握っているのと同じですので刺激が強すぎることになります。
いずれにしてもペニスが強い刺激になれてしまったり、射精の時に変な癖をつけてしまうことで実際の性行為の時に問題が発生してしまうことになりかねません。
当然これらの問題が生じれば、女性を満足させることはできませんし、自分自身も満足できません。
結果的に性行為を避けてしまったりする恐れもあり、せっかくの女性との関係を壊してしまいかねません。
そのため少しでも早く特殊な自慰をやめ、通常の方法に戻す方が良いです。